パソコンを操作している人

スマホがあればいつでも気がむいたときに呟きを投稿することができるのが、Twitter(ツイッター)のメリット。ブログを開設するまではなくても、ツイッターのアカウントを取得して毎日つぶやいては投稿するスタイルはすっかり定着しています。ツイッターのもう一つの魅力は、気軽につながりをもつことが出来る点にあります。時には有名人のアカウントと言葉のやり取りができることも。今ではすっかり普段の生活に馴染んだ感の有るTwitter、特にアカウント取得が間もない方では、ツイッターにまつわる用語の意義が曖昧なまま利用していることが多いのでは無いでしょうか。そこでTwitterで使用されることの多い擁護を初心者向けに理解できるように解説してまいりましょう。

まずツイッターにログインすると、一番最初の画面がタイムラインと言う場所になります。タイムラインとは他人や自分のツイートが表示されている部分のことです。タイムラインにはツイートだけでなく、プロモツイートなど広告に分類するツイートも流れてきます。

ツイートするというのはつぶやくことを意味するのは明らかですが、専門的な用語の理解をすることでよりTwitterを楽しむことが出来るでしょう。タイムイン上にはあなたの関心を引くツイートが流れてくるはずです、そんなときはリツイート。リツイートとは他人の投稿を引用することが出来ます。リツイートすることで自分のフォロワーに拡散させたいときにも使用します。

フォロー・フォロワーと言うのは、有名人とファンの関係に似ています。フォロワーは自分の投稿に関心をもっている人のこと。ツイッターでは常に、フォロー・フォロワーは、相互に置換することが可能です。初心者向けに活用をおすすめするのが、ブロック機能。不快な投稿やかかわりたくないアカウントは、ブロック機能で遮断できます。また関心がなくなったアカウントに対してはリムるを選択。リムることでタイムラインを整理できるわけです。

そしてリプライとは返信すること。リプライとは特定のIDのユーザーに向けて返信を返すことです。リプライを活用することで、相手の反応を確認することが出来ます。

ところでふぁぼと言う用語もよく目にします。解説すると、ふぁぼと言うのはTwitterにおけるブックマークを意味します。英吾のfaboriteに由来するそう。自分のツイートが他人に気にいられることを、ふぁぼられると表現したりもします。